映画 凶悪

【送料無料】凶悪/山田孝之[Blu-ray]【返品種別A】

価格:4,665円
(2019/2/8 03:45時点)
感想(0件)

原作は、実際に起きた凶悪殺人事件「上申書殺人事件」を基に、獄中の死刑囚が告発した殺人事件の真相を新潮45編集部が暴き、首謀者逮捕に至るまでを描いた犯罪ドキュメントであり、2009年の文庫化で10万部を超えるベストセラーとなった他、2011年12月にはフジテレビ系バラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』で紹介された。

第37回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品されることが決まった。

2013年12月6日から8日にかけてアメリカ合衆国・ロサンゼルスで開催されたLA EigaFest 2013で招待作品として上映された。

スクープ雑誌「明潮24」に東京拘置所に収監中の死刑囚・須藤から手紙が届く。記者の藤井は上司から須藤に面会して話を聞いて来るように命じられる。藤井が須藤から聞かされたのは、警察も知らない須藤の余罪、3件の殺人事件とその首謀者である「先生」と呼ばれる男・木村の存在だった。木村を追いつめたいので記事にして欲しいという須藤の告白に、当初は半信半疑だった藤井も、取材を進めるうちに須藤の告発に信憑性があることを知ると、取り憑かれたように取材に没頭して行く。


キャスト
藤井修一 - 山田孝之: スクープ雑誌「明潮24」の記者。モデルは『新潮45』編集部の宮本太一。
須藤純次 - ピエール瀧: 死刑囚。元暴力団組長。
木村孝雄 - リリー・フランキー: 「先生」と呼ばれている不動産ブローカー。
藤井洋子 - 池脇千鶴: 藤井の妻。認知症の姑の介護に疲れ果てている。
牛場百合枝 - 白川和子: 被害者の妻。夫・悟の殺害を木村たちに依頼。
藤井和子 - 吉村実子: 藤井の母。認知症
五十嵐邦之 - 小林且弥: 須藤の舎弟。須藤に心酔している。
日野佳政 - 斉藤悠: 木村から須藤に託された舎弟。
田中順子 - 範田紗々: 日野の交際相手。
佐々木賢一 - 米村亮太朗: 須藤のムショ仲間。須藤を裏切って殺される。
遠野静江 - 松岡依都美: 須藤の内縁の妻。
牛場悟 - ジジ・ぶぅ: 牛場電機設備の経営者。借金まみれの呑んだくれ。
芝川理恵 - 村岡希美: 「明潮24」編集長。藤井の上司。モデルは当時の『新潮45』編集長の中瀬ゆかり
森田幸司 - 外波山文明: 森田土建社長。木村の共犯。事故で植物状態に。
牛場利明 - 廣末哲万: 悟の娘婿。舅の殺害を木村たちに依頼。
福森孝 - 九十九一: 木村の共犯。身寄りのない老人を探して木村に紹介。
牛場恵美子 - 原扶貴子: 悟と百合枝の娘。利明の妻。

スタッフ
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』
監督:白石和彌
脚本:高橋泉白石和彌
製作:鳥羽乾二郎、十二村幹男
エグゼクティブプロデューサー:由里敬三、藤岡修
プロデューサー:赤城聡、千葉善紀、永田芳弘、齋藤寛朗
アソシエイトプロデューサー:小室直子、小松直之
ラインプロデューサー:大日方教史
音楽:安川午朗
撮影:今井孝博
美術:今村力
照明:水野研一
録音:浦田和治
編集:加藤ひとみ
衣裳:小里幸子
ヘアメイク:小山徳美
音響効果:柴崎憲治
助監督:茂木克仁
制作担当:小川勝美
キャスティング:田端利江
製作:日活、ハピネット
制作:フラミンゴ
制作協力:カズモ、ディーライツ
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活
作品の評価
冷酷な不動産ブローカー役を演じたリリー・フランキーは、ほぼ同時期に公開された『そして父になる』では暖かな家庭の父親役を演じており、演技の振れ幅が話題となった。

興行収入
興行通信社が2013年9月24日に発表した全国映画動員ランキングによれば、全国78スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員24,543人、興収33,687,500円を記録し、初登場8位となった。また、公開から11日で興収が1億円を超えたことが発表された。2014年2月時点で2億円強の興収となり、年を超えてロングラン上映された


【送料無料】凶悪/山田孝之[Blu-ray]【返品種別A】

価格:4,665円
(2019/2/8 03:45時点)
感想(0件)