映画 MW-ムウ-

MW-ムウー [ 玉木宏 ]

価格:3,600円
(2019/2/8 02:56時点)
感想(15件)

タイトルは『MW-ムウ-』。2009年7月4日に丸の内ルーブルほか全国東急系で公開。暴力的な描写や残酷な殺人描写がある為、映倫によりPG12指定を受けた。

キャッチコピー
生きる物、全て道連れだ。
世界を変えるのは、破壊か。祈りか。
あらすじ 編集
16年前、沖之真船島で開発中の神経ガス「MW」が漏れ出し、島民の大半が中毒死、生き残った島民もことごとく虐殺される事件が発生した。だが、その中で生き残った少年が2人いた。1人は後に神父となった賀来、もう1人はエリート銀行員となった結城である。

結城は国内外で殺人を重ねる。タイでの誘拐殺人事件で犯人に肉薄した刑事の沢木は、結城が犯人であると勘付くが、その尻尾をなかなかつかめない。犯罪のサポートを強要されていた賀来も、警察への密告に失敗する。

そんな中、タイの事件を追ううちに16年前の惨事に行き当たった新聞記者の京子が賀来と結城に接触。その結果、結城は現存するMWの保管場所を知ることになる。

キャスト
結城美智雄:玉木宏
原作では「美知夫」。表の顔はエリート銀行員、裏の顔は猟奇殺人犯。16年前に吸った毒ガス「MW(ムウ)」の影響で、余命いくばくも無い状況にあり、時折、発作に襲われている。
賀来裕太郎:山田孝之
原作では「巌(いわお)」。教会の神父。
溝畑智史:山本裕典
東京中央新聞の駆け出しの新聞記者。
橘誠司:林泰文
刑事で、沢木の部下。
渡辺美香山下リオ
教会の少女。
山下孝志:半海一晃
結城の銀行での上司。結婚を機に、名字と戸籍を変えた。
望月靖男:品川徹
大臣。
松尾:鶴見辰吾
望月大臣の秘書。
川村夫人:角替和枝
交通事故で亡くなった新聞記者、川村憲明の妻。
岡崎俊一:中村育二
娘を誘拐された会社役員。
岡崎愛子:小松彩夏
誘拐された岡崎の娘。
三田:風間トオル
東京中央新聞の記者。
牧野京子:石田ゆり子
東京中央新聞の記者。
沢木和之:石橋凌
警視庁捜査一課の中年刑事。
リチャーズ司令官:デヴィッド・スターズィック
結城の秘書の銀行員:かでなれおん
アナウンサー:藤井貴彦山本舞衣子日本テレビアナウンサー)
スタッフ
監督:岩本仁志
原作:手塚治虫
製作総指揮:橘田寿宏
プロデューサー:松橋真三
脚本:大石哲也、木村春夫
音楽:池頼広
撮影:石坂拓郎
照明:舘野秀樹
録音:原田亮太郎
プロダクションデザイン:太田喜久男
編集:朝原正志
スタイリスト:村上利香
ヘアメイク:細川昌子
特殊メイク:飯田文江
製作担当:本藤雅浩
ラインプロデューサー:平野宏治
ラインプロデューサー(タイユニット):山口晋
主題歌:flumpool「MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜」(A-Sketch
劇中歌:SWANKY DANK「For You」(UNITED NOTES)
VFXプロダクション:白組
配給:ギャガ
企画協力:手塚プロダクション
制作プロダクション:STUDIO SWAN(IMJエンタテインメント)
企画:アミューズソフトエンタテインメント
製作:「MW」PRODUCTION COMMITTEE(アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ、小学館D.N.ドリームパートナーズ日本テレビ放送網手塚プロダクションインターチャネル衛星劇場、白組、東急レクリエーション、東亜輸出公司、STUDIO SWAN(IMJエンタテインメント)、SWANフィルムパートナーズ)
原作との相違点
ストーリーの大まかな流れは原作に沿っているものの、結城美知夫と賀来巌の名前が違うこと(結城美智雄、賀来裕太郎)、また結城と賀来の2人以外のほとんどの登場人物が映画オリジナルのキャラクターであることなどが示すように、漫画を原案とした別ストーリーの様相を呈している。

全体的にクライム・サスペンスを意識した内容となっている。
結城と賀来の関係以外にも、MW奪取を企てる結城と彼を追及する沢木刑事との対立もストーリーの軸となっている。
結城が梨園の家の生まれで兄がいるという設定がなく、賀来も不良ではない。
女装・男娼・同性愛などの性的描写は仄めかすようなもの以外はほぼ完全になく、結城は性的倒錯による猟奇犯罪者というよりは、トラウマを抱えたテロリスト的な人物となっている。
結城と賀来が、沖ノ真船島で育った同年輩の幼なじみに設定されている。
結城が賀来を救ったためにMWを吸ってしまったことになっており、そのために人格が異常をきたしており、賀来にとって結城は命の恩人となっている。
賀来の発想や行動に、原作における澄子の言動が取り入れられており、賀来のキャラクターが精神的に女性寄りになっている。
結城の飼い犬「巴」が登場しておらず、これと関連する刑事の死に方が違う。
原作の最初の誘拐事件がタイを舞台にしたものとなっており、役員に関する設定が異なる。
沖之真船島に新たな住民が入って来たという設定がない。
最後の展開が原作を発展させたようなものになっており、続編の可能性を示唆している。
同性愛設定について
製作発表当時、映画では描かれないと報道された。
映画雑誌等のインタビューにおいては、直接の描写がないだけで「裏で肉体関係がある」ことを匂わすように役者に演じさせていることが明かされた。
上映初日の前日 2009年7月3日になって主人公二人が妖しく絡み合った写真が公開された(この写真は後日映画公式サイトのトップ画像として使われた)。
更に上映期間中の 2009年7月13日に秋葉原デジタルハリウッド大学で行なわれた特別講義において、岩本監督と松橋プロデューサーが、同性愛描写について主演二人の事務所が OK していたにもかかわらず、スポンサーからの NG で直接描写ができなくなったことを明らかにし、話題となった。実際に完成した作品においては観客の解釈に委ねられるような描写となっている。


MW-ムウー [ 玉木宏 ]

価格:3,600円
(2019/2/8 02:56時点)
感想(15件)